過払い金(グレーゾーン金利)とは借金の返済時に払い過ぎた利息である

過払い金返金請求手続きとは

【過払い金返金請求手続きとは】

違法な高金利(利息制限法が定めた上限を超える金利)を要求し取り立てた
消費者金融(サラ金)などに対し、払い過ぎた利息の返金を請求する手続き。
(平成18年の最高裁判決まで、アコムやプロミス、アイフル・レイクなどの消費者金融によって違法な利息の貸付が行われていた)

多くの場合金融会社は自発的に返金を行わないので、消費者が自ら権利を行使して請求を行う必要がある。これを過払い金返金請求手続きという。また金融会社が自主的に過払い金の返金を提案した場合でも、本来請求できるはずの金額に相応の金額かどうかを専門家に相談することをお勧めしたい。

お金のからむデリケートな問題であり、相談に不安を抱く被害者も多いだろうが単なる問い合わせで費用を請求されることはないので、一人であれこれ考えて悩むよりも法律事務所などが用意している無料相談に問い合わせてみることを進めたい。あなたの疑問の多くは一瞬で氷塊するだろう。

【請求権の条件】

下記の条件を満たす場合、過払い金の返金が発生する

・キャッシングでの取引
・完済後10年以内
・違法な利息での取引

【疑問点の整理】

・よくある質問への回答は【こちら

【専門家への相談・お問い合わせ】
(※いずれも外部リンク。費用は完済過払いの場合)

ふづき法律事務所 
代表弁護士 山下 重幸 先生 東京弁護士会所属 登録番号047222
東京都新宿区新宿1丁目9-5 大台ビル8階
着手金 無料
報酬金 19,800円(税別、債権者1社あたり)
過払い報酬 戻ってきた金額の20%(税別)
事務手数料 30,000円(税別、一律)

天音法律事務所
代表弁護士 人見 勝行 先生 東京弁護士会所属 登録番号28805
〒102-0093 東京都千代田区平河町2-7-2 VORT永田町9階
相談無料、債権者1件につき¥19,800 + 過払い金回収額の20%(完済過払い請求の場合)

しろき法律事務所
代表弁護士 白木 弘夫 先生 東京弁護士会所属 登録番号10070
〒102-0073 東京都千代田区九段北1-3-1 九段下プラザビル3F
相談無料、全国・休日対応 
着手金 1社につき21,600円
報酬金 1社につき21,600円
過払い報酬 1.裁判外の場合返還金額の21% 2.裁判をへた場合返還金額の26.25%
※日当・予納金・予納郵券等 実費は別途発生

岡田法律事務所
代表弁護士 岡田優仕 先生 東京弁護士会所属 登録番号 11528号
相談無料、全国・休日対応

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中