交通事故慰謝料の計算方法

交通事故慰謝料の金額の算出基準には『自賠責基準』『任意保険基準』『弁護士(裁判所)基準』の3つの基準がある。

【弁護士基準(裁判所基準)】

弁護士基準は弁護士を雇って裁判になった場合想定される賠償額で、過去の判例をもとに算出される。逆に裁判に於いて賠償額を判断する根拠として参照されることもある。民事交通事故訴訟・損害賠償額算定基準(赤本)と交通事故損害額算定基準(青本)に基づいて計算される。

【任意保険基準】

保険会社が被害者に提示する慰謝料水準を指す。一般に自賠責基準と弁護士基準の間に設定されていることが多いが、その実態は保険会社によって大きく異なる。弁護士に相談し、弁護士基準を大きく下回っていないか確認するのが賢明だ。

本来任意保険基準が弁護士基準から大きくかけ離れることは無いはずなのだが、残念ながら現実は理想と程遠いと言わざるを得ない。一部の保険会社に至っては自賠責基準を若干上回る程度の任意基準を設けている例もあるので注意されたい。

【自賠責保険基準】

自動車やバイクの運転手が加入を義務付けられた保険である自賠責保険が定める、被害者に対する必要最低限の保障を自賠責保険基準という。


下記の表で自賠責基準と弁護士基準を比較してみたい。

 

等級 自賠責保険基準 弁護士基準
1級 1,100万円 2,800万円
2級 958万円 2,370万円
3級 829万円 1,990万円
4級 712万円 1,670万円
5級 599万円 1,400万円
6級 498万円 1,180万円
7級 409万円 1,000万円
8級 324万円 830万円
9級 245万円 690万円
10級 187万円 550万円
11級 135万円 420万円
12級 93万円 290万円
13級 57万円 180万円
14級 32万円 110万円

【交通事故後の示談交渉について】

示談に向けた交渉についてはこちらを参照されたい

【専門家への相談・お問い合わせ】

ふづき法律事務所 (外部リンク)
山下重幸先生
東京弁護士会所属 弁護士番号047222
東京都新宿区新宿1丁目9-5 大台ビル8階
全国対応、相談無料 成功報酬型

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中